リスクをチャンスに変えられますか?

  

PRM(Project/Program Risk Management)関連サービス

システム導入の上流から下流までのリスクコントロールを通して、導入プロジェクトの成功・投資対効果の最大化を支援します。例えばシステム構想段階において課題整理、会社方針の確認・明文化、システムロードマップ検討、ベンダ/パッケージ選定等の支援を通じ、適切なIT導入による業績向上に貢献します。またPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)支援によりプロジェクト推進、リスク管理、および各種調整を促進します。

ITコントロール改善支援サービス

現状評価で抽出された課題およびリスクの評価結果に基づき、改善に向けたIT全般統制やITアプリケーション統制の設計や最適化、セキュリティツールの導入を支援します。

ITコントロール評価支援サービス

システムに組み込まれたコントロール機能やセキュリティ機能は、これを有効に活用することで、内部統制の有効性を維持・強化しつつ、業務の効率化を達成することができます。内部統制評価支援や基幹システム導入(再構築)に関する豊富な経験/スキルを有するプロフェッショナルが、グローバルネットワークのナレッジやツール(テンプレートを含む)を活用し、情報システムに潜む不正なデータ改ざんや重大な誤謬発生等のリスクを識別・評価します。そして、それらリスクに対応するコントロール機能やセキュリティ機能が有している課題の抽出を支援します。

ベンダー選定支援サービス

システム導入を成功に導くためには、調達システムに求められる要件を明確にした上で、あらかじめ定めた選定基準や手続きに基づき、ベンダー選定を進めていくことが重要です。本サービスでは、公正かつ中立的な立場から、ベンダー選定を行う上で必要となる、要件定義、ベンダー選定基準の作成、ベンダー候補先リストの作成、候補先となるベンダーへのRFI(Request For Information: 情報提供依頼書)、RFP(Request For Proposal: 提案依頼書)の作成、およびベンダーより提供された提案書の評価などを支援します。

情報システム部門機能評価サービス

情報システム部門の機能について、リーディング・プラクティス(先進的取組み)との比較により、効率的な運用が行われているか、また、効果的なリスクに対するコントロールが実施されているか等を評価し、課題の抽出および改善提案を行います。

IT全般の有効性評価サービス

IT戦略と経営計画等との整合性、ITガバナンス、ITオペレーション、ITパフォーマンス等広範囲にわたるIT全般の有効性について評価し、潜在的なリスクを特定し、課題の抽出および改善提案を行います。

システム開発プロジェクト評価サービス

システム開発プロジェクトを評価し、リスクや課題を洗い出します。例えば、新システムへの移行またはシステム統合などについて、ビジョンと方向性の決定、移行または統合計画立案と実施、モニタリング等、プロジェクトの成功に影響を与える重要な領域にフォーカスし、プロジェクトを評価するとともに、改善の方向性を提示します。

ITコスト削減支援サービス

IT運用・保守コストの妥当性を公正・中立な立場から検証し、ITコスト削減に関するアドバイスを提供します。一過性のコスト削減に留まらず、コスト削減の仕組みを検証することで継続的なITコスト削減を目指します。

IT戦略策定支援サービス

貴社のIT戦略の策定や、IT戦略導入のための基本計画の策定について支援します。例えば、事業計画策定段階やシステム企画段階等において、投資の妥当性を評価する手続等のIT投資管理プロセスについて、リーディング・プラクティス(先進的取組み)との比較により評価し、課題の抽出および改善提案を行います。