財務会計アドバイザリーサービス(FAAS)

その他の領域

CFOや経理・財務責任者は、企業に係る多様なステークホルダーの要求に応えるために適切な対応を行わなければなりません。

例えば、CEOや事業部門が最適な戦略的意思決定を行うためには、迅速かつ適切な経営情報の提供や助言、限られた投資資源を効率的に管理・運用することが求められています。

EY Japanの財務会計アドバイザリーサービス(FAAS)は、このようなステークホルダーへの対応を支援するため、幅広い分野で多様なサービスを提供しています。

テーマ 課題 具体的なソリューション
管理会計の
高度化 ※
  • PDCAの適切な運用、および将来見通し・着地見込みの精度向上
  • ビジネスの拡大や会計基準の改定等に伴う管理会計やBI ツールの見直し、および会計方針変更によるシナリオ分析
コーポレート・トレジャリー ※
  • 財務機能の体制整備
  • 市場リスクの適切な管理と経営の安定化
  • 資金効率の最適化
  • 財務機能のパフォーマンス評価
  • リスク管理方針、ヘッジ規定等の整備支援
  • キャッシュ・マネジメント・システムの導入支援
データ保証・
規制対応等
  • 各種財務・非財務データに対する第三者からの保証・検証
  • ロイヤルティ算定やイベント統計数値等の各種データに対する保証・検証手続
  • ドッド・フランク法に基づく紛争鉱物に関する対応支援

※ EYのメンバーファームと連携して支援します。

提供サービス
  • マネジメント・レポーティング支援サービス
    経営者の戦略的意思決定に役立つ情報提供をするために、適切なKPIの設定やモニタリング及び連結グループの管理会計制度の構築や高度化を支援します。
  • トレジャリー・マネジメント支援サービス
    資金繰り管理の精度向上やグローバル・キャッシュ・マネジメント・システムの導入など、資金効率を高めるための改革を支援します。また、為替リスクに代表される財務リスクのモニタリング体制の構築やリスク対応方針の策定を通じた、リスク管理体制の強化を支援します。
  • ステークホルダーに対して提供する各種情報の保証サービス
    知的財産に関するロイヤルティ算定や各種イベントにおける統計数値など、様々なステークホルダーに対する情報提供に関して第三者の立場から保証サービスを提供します。
  • ドッド・フランク法に基づく紛争鉱物に関する対応支援サービス (「監査・保証業務」へ)
    米国ドッド・フランク法における紛争鉱物に関する各種規制に対応するために必要となる開示やサプライチェーン・購買戦略とその内部統制・管理体制の構築・運用を支援します。
  • 生産性向上設備投資促進税制支援サービス
    平成26年度税制改正により導入された生産性向上設備投資促進税制に関して、設備投資計画の事前確認など、適用要件を満たすために必要な支援を行います。
  • XBRLに関する各種支援サービス
    XBRLを利用して財務情報を標準化するために必要となるXBRLタグの選定や内部統制・管理体制の構築など、XBRLデータの適正性を確保するための様々な取組みを支援します。
  • スタートアップ企業支援サービス
    EYは、監査やアドバイザリー業務等の豊富なサービス経験に基づき、創業期の企業、IPOを志向する企業、新たなる成長を目指す企業に対して、その成長ステージに合わせた様々なサービスを提供しています。
  • 財務経理部門の機能評価サービス
    財務経理部門の機能評価サービスは、クライアントのCFOおよび財務経理部門責任者が部門の強みと弱みを把握できるだけではなく、有効性と効率性の改善に資する発見事項と提言を提供します。