財務会計アドバイザリーサービス(FAAS)

トレジャリー・マネジメント支援サービス

トレジャリーマネジメントとは?

トレジャリー・マネジメントは、企業の資金効率を最適化するとともに、リスク管理の高度化を通じた経営の安定化を目的とします。

トレジャリー・マネジメントでは、例えば、以下のような課題を対象とします。

  • 各国に資金が分散され、資金効率が悪化し、バランス・シートが膨らんでいる。
  • 海外売上高比率が年々高まりつつあり、為替リスクが業績に与える影響が拡大している。
  • 資金繰り予測の精度が低く、また、グループ全体の資金繰り状況がモニタリングされていない。
トレジャリーマネジメント: 経営の安定化

トレジャリー機能を高度化するための取り組み

トレジャリー機能は、大別すると①組織体制、②業務オペレーション、③情報システムの3点が基礎となります。

トレジャリー機能の高度化にあたっては、各種施策実施における効果の見込みや各種経営資源の制約条件等を検討し、ロードマップを策定します。

①組織 組織構造や人的資本の観点
②業務オペレーション 業務オペレーションの効率性や内部統制の整備・運用の観点
③情報システム ITインフラやデータ構造の観点

以下は、トレジャリー機能を高度化する流れの一例となります。
(下の図をクリックして拡大)

トレジャリー機能を高度化する流れ

EYは、グローバルで培った経験やナレッジを活用し、組織・業務オペレーション・情報システムの観点から、トレジャリー機能の高度化を支援します。

提供サービス例

  • 財務部門のシステム導入支援
    キャッシュ・マネジメント・システム(CMS)やトレジャリー・マネジメント・システム(TMS)の導入におけるシステム選定から導入・運用に至る一連のプロセスを支援します。
  • 為替リスク管理体制の構築及び高度化支援
    為替リスクを構成するエクスポージャーとボラティリティをモニタリングするための手法およびツールの導入、また、為替リスクの管理体制構築に向けた規定及びオペレーションの改革を支援します。
  • ヘッジ会計の導入支援
    デリバテイブを活用したヘッジ会計の適用における文書化や有効性評価等の内部管理体制に関して、各基準(J-GAAP、US-GAAP、IFRS)に準拠した内部統制の整備・運用の構築を支援します。

上記の他にも幅広い観点からクライアントのご要望にマッチしたサービスを提供いたします。