財務会計アドバイザリーサービス(FAAS)

クロスボーダーPMI(会計・財務分野)

M&Aを貴社の成長につなげるために

日本企業の成長戦略において、海外でのM&Aの重要性が高まっています。 しかし、取得後、財務会計エリアにおいて短期間に解決すべき課題は膨大にあり、解決できない場合には法令違反となるリスクも伴うとともに、 M&A後のマネジメント上の障害にもつながります。
異なる言語やビジネス慣習への対応を含め、EYの専門家がM&Aの検討段階から取得後の連結報告体制の整備までを包括的に支援します。

海外M&Aを成功に導く財務会計エリアにおけるポイント

親会社のリーダーシップと 子会社との信頼関係の醸成 親会社は何が必要か、それに対して子会社はどこまで対応できるか、言語や文化の違いを乗り越え、子会社との密なコミュニケーションを親会社がリードし相互理解と信頼関係を築き、ともに解決策を検討し、サポートしていくことが重要です。
M&Aが財務値に与える 影響の理解 親子それぞれが適用している会計基準、買収スキーム、子会社の取得時点での公正価値により、M&A後長期にわたってグループの業績を表す財務値に大きな影響があります。
M&A実行前からのPMI準備 企画部門がM&Aを検討・実行し、経理部門はM&A契約締結後に事態を知らされ、急な対応が必要となるケースが見受けられます。買収検討の段階から買収後統合のための予算や体制を確保しておくことが必要です。
  • ※1PMI: Post Merger Integration

経験豊富な会計プロフェッショナルによるグローバル統合支援

豊富な実績
  • 多様な国や地域、業種、買収スキームにおける豊富な実績を元に、起こりうる課題や問題点を事前に想定し、先見性のあるアクションプランを提示します。
  • 海外M&Aに特有の課題の解決支援実績をもとに、課題解決への最短ルートの設定、最短ルートを達成するために必要なアクションの特定、円滑なアクションの実行支援、その後のフォローアップと改善活動等のプロジェクトのそれぞれのステージにおける課題に対して、効果的かつ効率的な解決を支援します。
グローバル対応力
  • 日本から日英二つ以上の言語に対応可能な会計プロフェッショナルが、親会社による海外子会社の状況や課題の把握、解決策の検討を日本及び現地において支援します。
  • 必要に応じて現地リソースを含めたEYグローバルチームを組成し、子会社及びその所在地の文化に沿った密度の高い支援を行うことにより、複雑な課題の円滑な解決を支援します。
  • 親会社及び子会社相互間のコミュニケーションを支援し、相互理解の促進による信頼関係の構築を支援します。
卓越した専門性
  • 日本、米国、その他海外の公認会計士等の会計専門家資格を保有する日本のチームメンバー、及び海外EYのネットワークが、各国の会計基準や制度に関連する知識を結集し、買収スキーム、企業結合会計の複雑性、会計基準の差異、決算報告期限等に起因する課題の正確な把握、課題に対する精度の高い解決策の立案を支援します。
  • メンバーの監査経験や監査部門との連携により、その後の監査を見据えたプロジェクト進行や、問題発生による決算スケジュール遅延の未然防止を支援します。

EYの支援領域の例

プロジェクト・
マネジメント
バイリンガル・プロフェッショナルが貴社、海外の被買収会社、監査人等の関係者との間のコミュニケーションを支援することにより、円滑な意思疎通や調整を後押しします。
会計論点の検討 発生頻度が低く、かつ難易度の高い企業結合会計の論点や、M&Aに関連して発生する会計論点の検討に対して、EYの知見に基づく的確な助言や情報を提供します。
会計基準差異の調整 IFRS、US GAAPのみならず、その他世界各地の会計基準と親会社の会計基準との差異の洗い出し及び調整方法の確定等を、EYのグローバルネットワークを背景に支援します。
連結報告体制の整備 子会社が親会社の決算スケジュールを遅延させることのないように、決算情報の報告期限に関する合意形成や、決算早期化等の必要な対策の実施等を支援いたします。
連結パッケージ導入 子会社が正しい財務報告を親会社に対して行うことを可能とするために、子会社に対する連結パッケージ入力方法に関する説明や実務への定着等を支援します。
管理会計制度の導入 中期経営計画、予算、月次決算報告の作成方法や提出スケジュールに関する合意形成、その他KPIの設定等を支援いたします。