Forensic & Integrity Services (Forensics)

Technologyチームが和歌山県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課向けに「サイバー犯罪と戦う捜査機関のためのフォレンジック・トレーニング:Mobile Device Analysis」を実施

2019.03.14

2019年2月下旬、Technologyチームが、和歌山県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課を対象として、2日間にわたり「サイバー犯罪と戦う捜査機関のためのフォレンジック・トレーニング:Mobile Device Analysis」を実施しました。

サイバー犯罪と戦う捜査機関のためのフォレンジック・トレーニング:Mobile Device Analysis

今回のフォレンジック・トレーニングは、現代社会において様々なコミュニケーションや情報・データのハブとなるスマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスに対するデジタルフォレンジックの知識や解析スキル向上を目的としたものです。Forensics事業部(Forensic & Integrity Services) Technologyチームの柳裕二が講師となり、初動対応時の留意点、iOS®やAndroid®デバイスからのデータ取得、各種アプリに関する情報を保存したデータベースファイルの構造や一般的な解析手法に関して、デジタルフォレンジックの専門的知見や不正調査・インシデントレスポンスの豊富な経験を基に解説しました。

Technologyチームのフォレンジック・トレーニングは、2014年10月のサービス開始から2019年2月末までに、のべ680名以上の方が受講されております。

EY Japanは、世界的なプロフェッショナルファームである EY のメンバーファームとして「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」を理念に掲げ、サイバー犯罪捜査にあたる捜査機関の支援に取り組んでいます。

フォレンジック・トレーニングに関するお問い合わせや受講に関するご相談は、以下の担当窓口にご連絡ください。

Forensics セミナー担当事務局
Tel: 03 3503 3292
Email: forensics.cyber@jp.ey.com