アシュアランス
保険IFRSアラート

IFRS第9号の分類及び測定モデルの限定的な改善

保険者への影響と今後の展開
2012.03.30

IFRS第9号の分類及び測定モデルの限定的な改善2011年11月、IASBはIFRS第9号「金融商品」の分類及び測定モデルの限定的な変更を検討する暫定的決定をしました。

この目的は、保険プロジェクト(IFRS第4号「保険契約」フェーズII)で検討されている保険負債と保険契約に対応する金融資産の会計処理の相互関係を考慮するため、適用上の問題点に対処するため、そして、FASBの金融商品の分類及び測定モデルとの差異を検討するためです。

さらに2011年12月の審議会では、3つのトピックに限定して審議することを決定しました。

このトピックと、IFRS第9号の発効日と経過措置、保険者にとっての意義を解説するとともに、我々が提供するサービス紹介をします。






情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?