アシュアランス
その他の刊行物

Applying IFRS コロナウイルス感染拡大におけるIFRS会計上の留意点

2020.03.09

Applying IFRS コロナウイルス感染拡大におけるIFRS会計上の留意点 現在、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している。多くの国が、企業に事業活動の制限や自粛を要請し、さらに渡航制限や検疫措置を課している。これらの措置や方針により、多くの企業の活動に混乱が生じている(今後も混乱が見込まれる)。より早く混乱が報じられたのが、旅行やホスピタリティ関連、運輸、小売、さらにはエンターテイメントなどの業界であり、製造業や金融業など他の業種への波及も避けられない状況にある。感染症の拡大が今後も続く場合、ビジネスや経済に及ぼす影響の範囲と期間を現時点で完全に予測することは困難である。したがって、IFRS財務諸表を作成する企業にとって、こうした状況への対処が難しくなる。