アシュアランス
IFRSウェブキャスト

IASB「のれんと減損」リサーチ・プロジェクトの動向

ディスカッション・ペーパーの予備的見解の概要
2020.03.25

2020年3月19日に、IASBはのれんと減損のリサーチ・プロジェクトの一環として、ディスカッション・ペーパー「企業結合-開示、のれん及び減損」(以下、DP)を公表しました。

本DPには、以下を含むIASBの予備的見解が示されています。

  • のれんの償却の再導入は行わず、現行の減損のみのアプローチを維持
  • のれんの年次減損テストの要求を削除
  • のれん残高控除後の資本残高をBSに別途表示
  • のれんを含む企業結合関連の開示の拡充
  • 使用価値の計算方法の一部変更

コメント期限は2020年9月15日までとなっており、IASBは受領したコメントをふまえ、公開草案の策定に向けた再審議を行うことになります。

本動画では、DPに含まれるIASBの予備的見解だけでなく、これまでの企業結合に関する会計基準の設定経緯やFASBの関連するプロジェクトの動向を含め、IASBの当該リサーチ・プロジェクトの動向を幅広く解説しております。


資料をダウンロード

1. 導入
(IASBとFASBの企業結合に関する基準設定経緯と、
 のれんの現行会計処理の3基準比較)

(再生時間:12分41秒)


2. のれんの取得後の会計処理に関するIFRSの議論とIASBの予備的見解

(再生時間:19分10秒)


3. のれんの取得後の会計処理に関するFASBのプロジェクトの動向

(再生時間:12分21秒)


4. 上記2. 以外のIASBの予備的見解
(企業結合の開示と使用価値の算定方法の変更)

(再生時間:15分15秒)



講師:
IFRSデスク 原 寛


免責事項
  • 通信回線やコンピューターなどの障害によるシステムの中断、遅滞、中止、データの消失、データへの不正アクセスなどにより生じた損害、その他当サービスに関してお客様に生じた損害について、EY Japanは一切責任を負わないものとします。
  • 当サービスでの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、これらの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、EY Japanは一切責任を負いません。また、あくまでも一般的な情報を提供しているだけであり、専門家としての判断や助言を伴うものではありません。従って、業務や個人の判断等を行う場合には必ず専門家にご相談するなど自己の責任でご判断ください。
  • 当サービスでは、告知することなく掲載した情報、文言、その他について修正、加筆、削除などを行うことがあります。
  • 当サービスは、EY Japanの都合により告知なく中止または廃止されることがあります。また、それらにより発生する一切の責任を負いません。
  • 当サービスのご利用に際しては、上記注意事項のほかに、当サイトの利用規約が適用されます。
 



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?