サービス

サステナビリティ報告および統合報告の第三者保証業務

企業におけるサステナビリティ情報の重要が高まるにつれ、情報の信頼性の確保に対するステークホルダー(投資家、外部の評価機関、NGO等)からの要請が高まっています。当社は、国際会計士連盟の保証業務基準に準拠したサステナビリティ報告および統合報告の第三者保証業務を行います。

また、企業のサステナビリティ情報の収集および開示のさらなるレベルアップに資するように、豊富な保証業務の経験を生かし、保証業務を実施する過程で発見された、改善が望まれる事項につき報告書を提出します。


EYの強みを生かしたサービス


  • サステナビリティ・保証に関する高い専門性及び豊富な経験

私たちは、サステナビリティの専門的知識および経験を有するEY新日本有限責任監査法人に在籍する公認会計士および環境・サステナビリティの専門家です。高品質なサステナビリティ報告の保証を行うため、さまざまな業界における豊富な保証経験を生かしています。

  • グローバルなサポート体制

私たちは、EYのメンバーファームとして、グローバルかつ分野横断的なネットワーク(Climate Change and Sustainability Services)を構築しています。EYは、さまざまな国々でサステナビリティの専門チームを有し、多数のサステナビリティ報告の第三者保証を提供しています。海外グループ企業を含む保証業務についても、クライアントのニーズに合わせ、幅広い分野に精通した人材からなるグローバルなチームを結成し、保証業務を提供します。

サービス詳細

保証業務は基本的に以下の流れで実施します。

(下の図をクリックすると拡大します)

サステナビリティ報告および統合報告の第三者保証の必要性


機関投資家等は、企業の公表するサステナビリティ情報/非財務情報が独立した第三者からの保証を受けているかにつき、企業を評価する際の重要な項目としています。その重要性は、世界的に高まりつつあります。
第三者からの保証業務を受けることにより、データの信頼性を確保するとともに投資家等のステークホルダーからの評価を高めることができます。
保証業務の過程で、内部統制、情報開示その他の課題が発見されることがあります。それらの発見事項につき、保証業務および環境・CSRマネジメント等に関する豊富な業務経験を生かした改善報告書を作成し、提出します。