サービス

国内外の政府・公共機関向けサービス

国際公共チーム(GPT)はグローバルな視点と高い専門性でサポートします

国際公共チーム(GPT: Global Public Team)は、持続可能なより良い社会の実現を目指し、主に公共機関向けに質の高いサービスを展開するEY Japanの専門家集団です。 サービス提供に際して、EYのグローバルなネットワークを活用します。

国際公共チームは、4つの領域を中心にサービスを提供します。各領域内にはサブテーマを設け、サブテーマごとに高い専門性を発揮します。

また、国際公共チームは、政策立案、基盤整備、事業化・事業実施までの一貫した支援ならびに政策評価・事業評価に至るまで、総合的な支援を行います。

これらの全てにおいて、豊富な経験と知識をもったプロフェッショナルが、官民の境界を超えてシームレスに支援することで、持続可能な社会の実現に貢献します。

4つの領域

国際公共チームは、4つの領域を中心にサービスを提供し、持続可能な社会の実現に貢献しています。

(下の図をクリックすると拡大します)

サービスの流れ

以下の流れでサービスを提供することにより、総合的な支援を可能にしています。

(下の図をクリックすると拡大します)

主な実績


教育・科学技術

人材活用・地方創生

環境・エネルギー

投資促進支援・公共財政管理

政策評価・事業評価




お客様の課題解決のために ~国際公共チームのアプローチ~

国際公共チームでは、「現状」を的確に捉え、「目標」を適切に設定し、そこに到達するまでの合理的な道筋をつけてスムーズに「実行」できるよう、誠実さとチームワークをもって、お客様への支援を提供いたします。

現状把握現状把握
専門知識、ステークホルダーとの利害関係、外部環境等、今日の課題は様々な要素により構成されており、その紐解きと課題解決の糸口探しは、当事者だけでは困難な場合があります。

現状把握

目標設定目標設定
国際公共チームは、現状を的確に捉えるための支援を提供し、また、課題解決に向けた目標設定とアプローチ策定についても、「お客様と一緒になって考える」ことをモットーに行います。

目標設定

実行支援実行支援
課題解決に向けた具体的な施策の実行においても、目標達成に向けて必要となるステップを切り出し、関係者間での対話をしっかりと行いながら、アウトプットを提供していきます。


CCaSS / 国際公共チームについて

CCaSSとは Climate Change and Sustainability Services の略称で、気候変動およびサステナビリティ分野の保証やアドバイザリーサービスを提供するEYのサブ・サービスラインです。

CCaSS内の国際公共チームは、政策立案、基盤整備、事業化・事業実施までの一貫した支援ならびに政策評価・事業評価まで、総合的なサービスを提供しています。

  • 国際:  国内外のステークホルダーと適宜連携・協力を図りながらグローバルな目線で課題解決を図ります。CCaSSチームは世界中のEYに配置されており、各種の知見、知識はグローバルネットワークで共有されています。
  • 公共:  公共機関を主要クライアントとし、その知見をもとに、目指す社会のグランドデザイン策定からその実現までを官民の境界を越えてシームレスに支援します。