サービス

知的財産サービス

EASチームのエコノミストは、特許侵害や営業秘密の漏洩などの知的財産の侵害に係る損害賠償請求事案における損害額の評価に豊富な経験を有しています。また、知的財産の譲渡・ライセンス契約についても深い知見を有しています。

主要なサービス

1. 知的財産訴訟

経済理論に基づく分析を活用し、日本や米国など訴訟が提起された国の知財法の枠組みに沿った形で、逸失利益、適正ロイヤルティ、価格下落等の観点から損害額の評価を実施しました。EASチームのエコノミストは、法律家と連携をとり、損害の観点からの訴訟サポート、鑑定意見書の執筆、相手方からの主張に対する反論準備サポート、法定における専門家証言などのサービスを提供しています。

2. 知的財産の譲渡・ライセンス契約の支援

EASは、知的財産の譲渡・ライセンス契約における価格設定を中心としたサービスを提供しています。EASのエコノミストの多くは移転価格の専門家でもあり、ロイヤルティ料率の設定に精通しています。移転価格においては、多国籍企業グループ内におけるロイヤルティ契約において、独立企業間であれば設定されたであろうロイヤルティ料率を推定する必要が多々あります。EASのエコノミストは、経済理論やベンチマークを活用して、独立第三者間でのロイヤルティ料率の設定をサポートしています。