米国の大型税制改正

米国の大型税制改正

日本企業への影響を考える

トランプ米大統領は2017年12月22日、議会上下両院で可決された税制改革法案に署名しました。これにより、「The Tax Cuts and Jobs Act」は米国の法律として成立し、米国の税制は30年ぶりに抜本的に改正されました。

米国に本社を置く企業だけでなく、米国で事業を展開している日本企業にも影響を及ぼす米国税制改革。
EYではグローバルにビジネスを展開している日本企業をサポートしています。

米国税制改正が日本企業に及ぼす影響

米国税制改正が企業に与える影響は広範囲にわたるため、企業の運営、投資、競争 及び商品・サービス提供の方法に関する財務・運用面を見直す必要があります。

財務諸表
  • 税制改正法は、業績報告に必要な財務諸表と運用手続きに影響を及ぼします。
    • Transition Taxの損益への影響及び繰延税金の再測定
    • 繰延税金資産の減少及び実効税率の低下によるバランスシートへの影響
    • 開示の強化及び財務諸表作成時間への影響
    • 監査手続きの追加及び内部統制の変更
運営モデル
  • 税制改正法が成立し、グローバルな監視が強まる可能性があるため、貴社の運用体制を見直す必要があります。
    • IPの配置
    • 貿易フローの課税(輸入/輸出)
    • 製造拠点を移転する能力
    • 米国におけるIP又は主要会社の体制
    • 研究開発センター
流動性、投資及び資本
  • 流動性、投資及び資本に影響する新たな条項により、分析と新たな戦略が必要になります。
    • 外部借入の最適な場所
    • 利子の損金算入を最大化する国内及び海外事業に関する資本配置
    • グローバルな企業構造における現金移動の税効率
    • 新たなM&A機会及び製品機会
    • BEAT関連の変更が資本及びバランスシートのリスク管理に与える影響
    • NOLの繰戻に関する変更が仮定的損失シナリオに与える影響
人材
  • 報酬及び福利厚生に関する規則の変更により、人材戦略を見直す必要性が生じます。
    • 企業の役員に対する報酬制度
    • 福利厚生制度の設計
    • 人材戦略、採用、雇用維持及び勤務地
    • 入国管理のリスク及びコンプライアンス

EYの主な提供サービス

税金
  • 税制改正法のモデル化-連邦、州、国際
  • ETR及び税務会計に関する計算及び開示
  • E&Pの分析及び文書化
  • 会計方法変更
  • FMLA連邦税額控除
  • 法人組織の再編
  • 国際税務サービス
財務諸表
  • SOX/内部統制の設計
  • 納税引当金プロセス
  • 内部監査サービス
  • テクノロジーアセスメント
  • 財務諸表の作成と報告評価、財務諸表分析
  • ファイナンストランスフォーメーション、ファイナンスオペレーティングモデルの設計
  • 財務計画、予算及び分析
人材
  • 役員報酬のモデル化、設計及び構築
  • 統合モビリティ
  • 福利厚生の設計及び構築
  • 従業員の教育及びモデル化
運営モデル
  • サプライチェーン診断ツール
  • サプライチェーンプランニング-戦略、トランスフォーメーション、調達、製造、フルフィルメントサービス
  • 不動産アドバイザリーサービス
流動性
及び投資
  • 財務の即応性分析
  • インハウスバンク・財務センターの再設計
  • 資本及び債務に関するアドバイザリーサービス
  • エコノミックアドバイザリーサービス

関連トピックス(新着5件)

ウェブキャスト

関連リンク(英語)