トランザクション

トランザクション

「キャピタル」の有効活用

EYトランザクション・アドバイザリー・サービスは、企業が直面する課題を「キャピタル(資本・負債)」という視点から4つの項目に整理し、不確実性の高い経営環境に取り組む企業に対して、世界の約12,000名のプロフェッショナルによるグローバルネットワークを活用した解決策をご提案します。

キャピタルの維持キャピタルの投資
キャピタルの最適化キャピタルの調達

キャピタルの最適化

事業の最適化を余議なくされている現在の経済環境下においては、単なるオペレーションの見直しには留まらない、全体的な事業戦略の整合性について客観的評価が求められています。

ここで重視されるのは:

  • 事業ポートフォリオの最適化
  • 組織再編・統合・合併の検討
  • 運転資本の改善と現金の活用
  • 資本構成の最適化
  • 税務の最適化と事業ストラクチャー

EYトランザクション・アドバイザリー・サービスへのお問い合わせ

×

キャピタルの投資

トランザクションを実施する上で、その意義や価格、時期について投資家へ説明することは欠かせません。

取引が複雑になり、ステークホルダーが多岐に渡るほど、投資対効果に対する期待は様々になります。

ここで重視されるのは:

  • M&Aと提携
  • デューデリジェンスの実施
  • リスクの最小化と価値の向上
  • 資産価値の評価
  • コストと税務の効率的なストラクチャー

EYトランザクション・アドバイザリー・サービスへのお問い合わせ

×

キャピタルの調達

企業の持続的成長と健全な財務体質を確保するためには、キャピタルを迅速かつ効率的に調達する必要があります。また、より早い段階で見通しを立てることは、新たな資金源の有効活用にもつながります。どのような状況にあっても迅速に資金調達を行える状態にしておくことが重要です。

ここで重視されるのは:

  • 株式、借入金、社債の調達
  • IPOの準備と株式市場
  • ファンド構成の最適化
  • 資産流動化と不動産売却
  • インフラ・エネルギー

EYトランザクション・アドバイザリー・サービスへのお問い合わせ

×

主なサービス内容