トランザクション

デジタル時代のエコシステム形成戦略

業界のコンバージェンス(融合)が進む中、企業はM&A、新規事業開発の実現をこれまでにないスピードで遂行する必要があります。
私たちは、成長へ向けての最適なアプローチを提供いたします。

戦略策定フェーズ:エコシステム形成、新規事業開発

業界知見
1. Megatrend Projection
  • 市場価値の変化によるディスラプション(創造的破壊)の現状を理解
  • メガトレンド予測を活用し、将来の市場構成を把握

2. Backcasting Positioning

  • 将来像を理解した上で、様々な潜在的シナリオを考慮した事業計画の検証、社会的需要への対応、達成すべき戦略的目標、ビジネスモデルを設計・構築・検証

3. Digital / Ecosystem Maturity Assessment

  • 業界エキスパートの知見やツールを活用し、将来市場が形成される素地があるか、また来る将来市場で事業を展開するために必要なケイパビリティを有しているかを検証
トランザクション機能
4. Ecosystem Analysis
  • 最適なベンチマーク企業を特定し、裏付けとなるエビデンス(売上、時価推移等)を収集・検証することで、各社にとって最適なエコシステムを定義

5. Target Partner Screening

  • 従来のスクリーニング・アプローチでは買収・提携候補から漏れていた先進的な技術やビジネスモデルを有するベンチャー企業等を最先端ツールやグローバルネットワークを活用することで選定

実行フェーズ:デジタルツールを活用して

従来アプローチに最先端ツール・フレームワークを附与することで、新たなテクノロジー要件に応えます。

トランザクション機能
6. Digital Valuation
  • ベンチャー企業の多くが従来の評価指標(キャッシュフロー、利益性等)から企業価値を算定することが非常に困難
  • そのため、新規アプローチでは、保有する知的財産(IP)、潜在的な市場規模、ディスラプション要素などを多角的に分析し、デジタルの視点から見た妥当な企業価値を算定
7. Digital Diligence
  • 買収対象となる企業および関連市場におけるデジタルの視点から見た将来を分析する際、対象企業は、競合他社に対してディスラプションを起こすのか、あるいはディスラプションによる影響を受けるのか、Digital Diligenceにより、取引成立前に主だった傾向、潜在的リスク、将来的価値の不確実性を分析
8. Strategic Operating Model
  • 小規模な企業を買収する際、誤った統合モデルによって、企業文化の違いによる人材流出や、そのベンチャーが持つ特有文化・モチベーションが失われることが想定されるため、統合により対象会社が得るメリット、デメリット、またベンチャー特有の文化・モチベーションを維持する方法などを特定
9. PE Digital Portfolio Scan
  • 急激に変更するデジタル市場において、中長期投資を検討することは非常に課題(ディスラプションと対面した際、ノンコア事業を売却すべきか、または存続のために投資を実行すべきか)が多い
  • そのため、主要な資産価値を向上させるべく、戦略的なデジタル企業の買収、ノンコア事業の売却における価値向上予知の分析など様々なオプションを検討